行政・自治

「やさしい日本語」利用を推進【大阪市 生野区】


 大阪市生野区(12万7500人)は、「やさしい日本語」利用を呼びかけるマークを作成し、オープンデータで普及を図っている。
 同区は5人に1人、60か国以上の外国籍の住民がおり、そうした住民にもわかりやすい「やさしい日本語」を広げるため、「ゆっくり話す」「短く区切って話す」「簡単な言葉に言い換える」などのポイントをまとめた。
 作成したマークは、名札などに付ける「話します」「話してください」の2種類の缶バッジと、趣旨に賛同する協力店を示すステッカーとして活用。協力者・協力店を募集して配布する。また、マークには地名が入っていないため、他の自治体でも使ってもらい、やさしい日本語を広めたいとしている。
月刊「ガバナンス」2019年5月号・DATA BANK2019より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 行政・自治
    仕事もココロも楽になる! 公務員の超整理
    1,650円(税込み)
  • 行政・自治
    地方公務員年金制度の解説 令和2年度版(
    1,925円(税込み)

売れ筋書籍ランキング