行政・自治

県内25市町と「プラごみゼロ宣言」【栃木県】


 栃木県(198万5700人)は県内25市町と「栃木からの森里川湖プラごみゼロ宣言」を行った。
 海洋プラスチックごみは、山から川、川から海へとつながる中で発生するため、上流の栃木県でも自分の問題として考えていく必要があるとし、海洋プラスチックごみ対策の一層の強化を図るのがねらい。宣言では、県と市町が連携し、不必要な使い捨てプラスチックの使用削減、再生材や生分解性プラスチックの利用促進、プラスチックごみのリサイクルと適正処理の徹底などプラスチックとの上手な付き合い方を明記した。県内全市町での共同宣言は全国初という。
 具体的な取組みの一環として、土に埋めると微生物の働きで水と二酸化炭素に分解される生分解性ストローを飲食店に使用してもらう実証事業を実施。県内全市町104店舗(県HPで店舗名を公開)に対し5万本を無料配布した。また、県庁内の県職員生協(セブンイレブン生協県庁店含む)で、レジ袋の使用削減(リデュース)やマイバッグ持参の習慣化を図るため、職員の家に使わずに溜まっている不要なエコバッグを有効活用(リユース・シェア)する「県庁deシェアバッグ」事業を来年9月まで実施している。
月刊「ガバナンス」2019年12月号・DATA BANK2019より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 行政・自治
    仕事もココロも楽になる! 公務員の超整理
    1,650円(税込み)
  • 行政・自治
    地方公務員年金制度の解説 令和2年度版(
    1,925円(税込み)

売れ筋書籍ランキング