行政・自治

職員採用試験で普段着での面接を実施

 兵庫県西宮市(48万4900人)は、18年度事務職員採用試験の全員面接(第1次試験の面接)を普段着で行うことにした。

 面接官も普段着で面接を行うためスーツを不可としたもので、受験生の個性を発揮してもらうのがねらい。

 また、専門試験については、憲法、行政法、民法、経済理論、経済政策・経済事情、財政学・金融論、社会政策(社会福祉や社会保険などの社会保障と雇用)、政治学・行政学、国際関係、社会学・教育学の10分野から6分野を選べる選択制にした。

月刊「ガバナンス」2017年8月号・DATA BANK2017より抜粋)

最近見た書籍

新着書籍

  • 法曹・法務
    新版 実務住民訴訟(予約)
    4,536円(税込み)
  • 教育・文化
    生き残りをかけた大学経営の実践(予約)
    2,592円(税込み)

売れ筋書籍ランキング