試し読み

改正相続法・税制改正対応“守りから攻め“の相続対策Q&A

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
税理士法人タクトコンサルティング/編著
判型
A5・256ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5108560-00-000
8172260-00-000
ISBNコード
978-4-324-10723-2
発行年月
2019/11
販売価格
3,190 円(税込み)

内容

前著「資産家増税時代の“守りから攻め”の相続対策Q&A」(平成27年1月刊)
発刊以降の改正を織り込んで、待望の改訂刊行!

 

本書の特長

・旧版以降の相続法(配偶者居住権の創設、自筆証書遺言の方式緩和、遺留分制度見直し等)、小規模宅地特例(特定事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例の見直し等)のほか、旧広大地(適用要件の明確化、評価方法の見直し)の改正に係る改正点を90問のQ&Aで解説。
・資産の譲渡や組換え、生前贈与、遺言、信託等々の事前対策に加え、相続後の納税、税務調査対策をQ&Aで徹底解説。
・9章では最近の課税当局による否認事例や裁判例を掲載し、相続対策を考える上での重要論点を解説。
・目次と見出しに★の数で難易度を表記。(★初級:これから相続対策を学ぼうとする人向け/★★中級:相続対策について一通りの知識のある人向け/★★★上級:相続対策について深く学びたい人向け)
『改正相続法・税制改正対応 “守りから攻め”の事業承継対策Q&A』(ぎょうせい、2019年)の姉妹書。

 

目次

第1章 相続対策の考え方
第2章 土地評価・相続税の小規模宅地等の特例ポイント
第3章 不動産の組換えにかかる譲渡所得の計算のポイント
第4章 贈与にかかる税金のポイント
第5章 相続対策に関連する民法・信託法のポイント
第6章 相続税申告時のポイント
第7章 相続税の納税資金対策のポイント
第8章 相続税調査への対応ポイント
第9章 相続税対策の重要論点の解説

 

編著者プロフィール

税理士法人タクトコンサルティング
昭和50年に前身の税理士事務所開業以来、税理士・公認会計士の専門家集団として、株式会社タクトコンサルティングと連携して、相続対策と相続税申告、事業承継対策、資本施策、組織再編成、M&A、信託、社団・財団、医療法人等の特殊業務にかかる現状分析、問題点抽出、解決手段の立案・実行という一貫したサービス提供をしている資産税専門のコンサルティングファーム。株式会社タクトコンサルティングでは商事信託媒介(信託契約代理業務)も取り扱う。その特性を活かし、全国の会計事務所と連携し、当該会計事務所の顧問先に対する資産税サービスを提供している。
【主な著書】
『資産家増税時代の“守りから攻め”の相続対策Q&A』(ぎょうせい)、『税理士なら知っておきたい事業承継対策の法務・税務Q&A』(中央経済社)など。

最近見た書籍

  • 税務・経営
    改正相続法・税制改正対応“守りから攻め“
    3,190円(税込み)

新着書籍

  • 法曹・法務
    改正入管法関連完全対応 法務・労務のプロ
    3,520円(税込み)
  • 行政・自治
    図表で見る医療保障 令和元年度版
    2,970円(税込み)

売れ筋書籍ランキング