OECD 生徒の学習到達度調査 PISA 2006年調査 評価の枠組み

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
国立教育政策研究所/監訳
判型
A4・192ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107166-00-000
ISBNコード
978-4-324-08142-6
発行年月
2007/07
販売価格
2,619 円(税込み)

内容



OECD(経済協力開発機構)が行う子どもの学習到達度に関する国際学力調査は、単なる学力調査に留まらず、生徒の社会参加や生きる力に焦点を当てたものです。
その調査結果は、いまや学力測定の指標として、公表のたびに大反響を巻き起こしています。

本書は、第3回調査結果の本報告に先立ち、生徒が習得すべき内容、習得プロセスを提示し、その結果をどう評価していくのか、その枠組みを明示した中間報告です。

未公開の試験問題も多数公開し、今後の学力調査や指導評価に多大な影響を与える教育関係者必読の書です。


※PISAとは…
The Programme for International Student Assessment。
学習到達度調査。
OECDが2000年から3年ごとに行っている調査で、対象となるのは、義務教育終了段階の15歳の学生。
数学的リテラシー、読解リテラシー、科学的リテラシー、問題解決能力の4領域の知識と技能について調査するもの。

目次


  ・OECD――PISA2006年調査の序文
  1 科学的リテラシー
  2 読解力(読解リテラシー)
  3 数学的リテラシー
  ・付録 科学的リテラシー問題例


最近見た書籍

  • 教育・文化
    PISA 2006年調査 評価の枠組み
    2,619円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    データ活用で地域のミライを変える!課題解
    2,310円(税込み)
  • 行政・自治
    もう悩まない! 地方税滞納整理の実務
    3,080円(税込み)

売れ筋書籍ランキング