在庫僅少

実務解説 信託法Q&A

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
根田正樹、今井和男、矢内一好/編集
判型
A5
商品形態
加除式
雑誌コード
図書コード
1111754-00-000
ISBNコード
978-4-324-08442-7
発行年月
販売価格
15,120 円(税込み)

内容

2008年6月度・加除式図書受注数ランキング(当社ウェブサイト経由)第1位!

--------------------------------------

この書籍は、「加除(差し替え)お客さま特典サービス」の対象書籍です。
「加除(差し替え)お客さま特典サービス」の詳細は、「こちら」をご覧ください。

--------------------------------------

信託とは、委託者が信頼できる受託者へ自己の財産を移転し、一定の目的に従い受益者のためにその財産の管理・処分などをさせる制度です。
グローバル化や少子高齢化など、経済社会状況が大きく変化している中、信託にはこれまで以上に多種多様なニーズや期待が寄せられています。

平成18年12月の信託法の84年ぶりの大改正(19年施行)は、こうしたニーズや期待を踏まえ、利用者が信託の内容を自由に設計できる、使い勝手のよい信託、身近な信託を目指したものです。

事業信託や自己信託など、企業が利用できる信託の幅が格段に広くなり、また、公益信託以外に認められなかった「受益者の定めのない信託」が認められ、市民型信託の用途も広がりを見せつつあります。

本書は、多様な信託の類型が認められた改正信託法の実務について、Q&A形式で、法務、税務、会計の各分野を総合的に解説します。

信託財産の移転、運用費用の発生、損益の帰属等の問題や、課税関係、会計処理等、信託の委託者、受託者、受益者の各当事者にとって重大な関心事項を、300超の具体的な事例設定で、学者、弁護士、公認会計士、税理士、信託銀行関係者等、第一線の執筆陣が詳細かつわかりやすく解説する決定版です。


--------------------------------------


本書の構成
1 信託の基礎知識

2 信託の法務
 信託の法理論/企業と信託/共生社会と信託/市民と信託

3 信託の税務

4 信託の会計


--------------------------------------


Qの例
 ・信託とはどのような制度ですか。
 ・受託者に法人並の課税がなされるのはどのような場合ですか。
 ・信託の対象となる財産の範囲と内容を教えてください。
 ・受益権は譲渡することができますか。できるとしたらどのような方法によりますか。
 ・受託者が破産した場合、信託契約はどのようになりますか。
 ・受益者は受益権を放棄することができますか。
 ・商事信託とはなんですか。信託のどのような機能が企業活動に有益ですか。
 ・信託を用いた従業員持株制度の仕組みを教えてください。
 ・信託できる動産とはどのようなものですか。公示はどうなりますか。
 ・企業年金実施企業が合併した場合に年金信託はどうなりますか。
 ・民事信託とは何ですか。信託のどのような機能が市民生活に有益ですか。
 ・老人ホーム入居一時金を保証する信託とは何ですか。
 ・知的障害のある子供の将来のために信託を利用できますか。
 ・信託税制の基本構造
 ・投資信託、特定目的信託、有価証券信託等、公益信託
 ・信託の会計処理に関する実務上の取扱い
 ・自己信託の会計処理
 ・限定責任信託の会計処理


--------------------------------------


編集者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 根田正樹…こんだ・まさき/日本大学商学部教授
 今井和男…いまい・かずお/弁護士、虎門中央法律事務所代表
 矢内一好…やない・かずよし/中央大学商学部教授

最近見た書籍

  • 税務・経営
    実務解説 信託法Q&A
    15,120円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    防災ダイアリー2020(予約)
    1,350円(税込み)
  • 行政・自治
    地方公務員ダイアリー2020 A5判
    1,188円(税込み)

売れ筋書籍ランキング