在庫なし

新「ことば」シリーズ21 私たちと敬語

編著者名
国立国語研究所/編集
判型
A5・128ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107303-00-000
ISBNコード
978-4-324-08352-9
発行年月
2008/03
販売価格
524 円(税込み)

内容



2008年6月度・7月度・11月度・「一般図書」分野単行本受注数ランキング(当社ウェブサイト経由)第1位!

--------------------------------------

その時々における「ことば」に関する話題を取り上げ、専門家によるわかりやすい解説、有識者の座談会、著名人のエッセイ、Q&A等で構成する書。

21巻目の発刊となる今回のテーマは「私たちと敬語」。

上司にご苦労様と言ってはいけない?
子供に敬語を教える際の有効的な方法は?
敬語にも方言はある?
といった学校・会社・地域の日常にあふれる敬語の疑問や、2007年に「敬語の指針」が文化審議会から出された背景などを、読み切りでわかりやすく解説します。

NHK「ラジオ深夜便」アンカーの宇田川清江氏や蒲谷宏氏の座談会、作家の清水義範氏のエッセイ等を収録しています。
敬語に関する教養を楽しみながら学べる1冊です。



目次


・巻頭エッセイ
 「敬語は社会性の中にある」/清水義範

・座談会 敬語の働きと難しさ
 NHKラジオアンカー 宇田川清江
 早稲田大学大学院教授 蒲谷宏
 国立国語研究所長 杉戸清樹

・ことばの質問箱(※ことばに関するQ&A(23問))

・コラム 敬語と身振り

・巻末資料 文化審議会答申「敬語の指針」(抄)

最近見た書籍

  • 教養・一般
    新「ことば」シリーズ21 私たちと敬語
    524円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    図表で見る医療保障 令和元年度版
    2,970円(税込み)
  • 行政・自治
    公務員の言葉力(予約)
    1,760円(税込み)

売れ筋書籍ランキング