在庫なし

地域主権改革一括法の解説 自治体は条例をどう整備すべきか

編著者名
小泉祐一郎/著
判型
A5・500ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107770-00-000
ISBNコード
978-4-324-09334-4
発行年月
2011/12
販売価格
3,981 円(税込み)

内容

地域主権改革に伴う、改正条例試案を例示!

元地方分権委員会事務局員である著者が、「地域主権改革一括法」の全体像と個別法について解説。

市町村への権限移譲とその対応はどうすべきか。そして各政策の条例、規則を具体的にどう整備すればいいのか。議会の役割と条例審議のポイントは何か。

「道路」「河川」「公営住宅」「都市公園」「児童福祉」「高齢福祉」「職業能力開発促進」といった、自治体現場への影響の大きい改正を取り上げ、改正条例試案を例示しながら解説します。



目次


1 分権改革の基礎知識
2 市町村への権限移譲とその対応
3 義務付け・枠付けの緩和とその論点 
4 分権型の条例体系の構築の手法 
5 道路の条例体系の整備
 (以下、第5〜11章共通項目)
 1 条例体系の検討
 2 基準政省令の内容の仕分け
 3 条例の整備
 4 規則の整備
6 河川の条例体系の整備
7 公営住宅の条例体系の整備
8 都市公園の条例体系の整備
9 児童福祉の条例体系の整備
10 高齢者福祉の条例体系の整備
11 職業能力開発促進の条例体系の整備
12 議会の役割と条例審議の論点
参考資料


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
小泉祐一郎…こいずみ・ゆういちろう/元地方分権推進委員会事務局員
         NPO地域づくりサポートネット理事。Jネット47会長(第2代)。
         静岡地域学会事務局長。静岡県、自治省、小笠町、総理府に勤務。
         熱海市まちづくり審議会委員。

最近見た書籍

  • 行政・自治
    地域主権改革一括法の解説
    3,981円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)
  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)

売れ筋書籍ランキング