上智大学新書001 脳科学に何が期待できるか ―脳と倫理―

編著者名
SUP上智大学出版/発行
(株)ぎょうせい/発売
上智大学生命倫理研究所/編
判型
新書
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5300187-00-000
ISBNコード
978-4-324-09428-0
発行年月
販売価格
990 円(税込み)

内容

上智大学新書 第1弾
本書は、医学・生物学・哲学などの角度から、人の意識、精神障害、言語、社会性、倫理等の脳科学分野を解説。
脳科学の現在と未来を、身近なテーマから紐解きます。

新書サイズでコンパクトに読みやすくなっています。

目次


はじめに

1 脳科学から人の心を探る
 1 こころを作る脳機能 ―複雑系としての脳― 中田力
 2 精神疾患の生物学的研究の最前線 加藤忠史
 3 アルツハイマー病研究への期待 松下正明
 4 討論『脳科学から人の心を探る』〈司会〉町野朔

2 脳から社会を考える
 1 社会性ってなんだろう? 藤井直敬
 2 鳥のさえずりから人の言葉を知る 青木清
 3 脳神経科学と責任能力の問題 浅見昇吾
 4 討論『脳から社会を考える』〈司会〉菱山豊

おわりに
執筆者紹介


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)

【執筆者(講演者)】
・中田力(新潟大学脳研究統合脳機能研究所センター長)
・加藤忠史(理化学研究所脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チームリーダー)
・松下正明(東京都健康長寿医療センター理事長)
・藤井直敬(理化学研究所脳科学総合研究センター 適応知性研究チームリーダー)
・青木清(上智大学生命倫理研究所所長)
・浅見昇吾(上智大学外国語学部ドイツ語学科教授)

【討論司会者】
・町野朔(上智大学生命倫理研究所教授)
・菱山豊(科学技術振興機構経営企画部長、上智大学生命倫理研究所所員)

*上智大学生命倫理研究所
 上智大学の基本理念である「キリスト教ヒューマニズム」と「人間の尊厳」を基盤として、人文科学、社会科学、自然科学の学問領域の統合と融合による、生命倫理の発展と深化に寄与することを目的とし、2010年に設立。

最近見た書籍

  • 教育・文化
    脳科学に何が期待できるか
    990円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    図表で見る医療保障 令和元年度版
    2,970円(税込み)
  • 行政・自治
    公務員の言葉力(予約)
    1,760円(税込み)

売れ筋書籍ランキング