管理職課題解決実践シリーズ 第2巻 次期学習指導要領を見据えた学習と評価〜これから求められる資質・能力〜

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
天笠茂/監修
判型
A5・240ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
3100524-01-002
ISBNコード
978-4-324-09885-1
発行年月
2015/02
販売価格
2,750 円(税込み)

内容

小中学校の具体的な課題解決のための実務書。管理職試験対策テキストとしても最適!!


いじめ対応、教育委員会制度改革、教育課程に関わる改革など、教育再生実行会議が次々と提言を出したことに伴い、新たな教育課題について、その概要や状況を踏まえ、分析や見通し、提言などを行い、学校現場における様々な対応課題を読み解き、学校づくりに資する内容を提供します。

コンパクトな章構成でテーマの捉えと課題解決の方策がわかります。巻末資料でより深い理解が得られます。文部科学省が進めている主要改革については、実際に審議会・検討会の委員となった方々が執筆しています。

【ご活用方法】
1 管理職試験対策テキストとして
2 教育改革の動向や背景のポイントを素早く正確に知りたいときに
3 校内外に向けて教育の「今」と「これから」を説明する際の参考に
4 管理職方へ マネジメント力向上、リーダーシップ養成のための参考書として
5 学校経営方針の策定・見直しの参考に
6 教育課程経営のPDCAサイクルの推進に
7 合格に必要な知識がこの1冊で学べる!

目次


これまでの学力観を見直し、資質・能力の伸長から発想した今後求められる新しい学力とその育成方策を提案する。

〔各章項目〕
 知識基盤社会とこれから求められる資質・能力
 新しい資質・能力の求めとこれからの学力づくり
 言語活動でどのような資質・能力が育つか
 新しい資質・能力と学習評価
 総合的学習の新たな可能性〜これからの学力づくりに向けて
 道徳教育の今後の展開
 特別活動の在り方を見直す
 英語教育の今後の展開
 社会と向き合う知を育む〜探究する学びの創造〜
 PISAにみる活用型学力とその育み方


---------------------------------------------
編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
天笠 茂(あまがさ・しげる)
千葉大学教授。1950年東京都生まれ。川崎市立子母口小学校教諭。筑波大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。学校経営学、教育経営学、カリキュラムマネジメント専攻。日本教育経営学会顧問。文部科学省教育研究企画協力者委員。中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員。著書に『スクールリーダーとしての主任』(東洋館出版社、1998)、『学校経営の戦略と手法』(ぎょうせい、2006)、『カリキュラムを基盤とする学校経営』(2013)、編著書に『新・学校評価の理論と実践』(教育出版、2004)、『公立小中で創る一貫教育 4・3・2のカリキュラムが拓く新しい学び』(ぎょうせい、2005)など。

最近見た書籍

  • 教育・文化
    第2巻 次期学習指導要領を見据えた学習と
    2,750円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    学校教育・実践ライブラリ Vol.7(予
    1,485円(税込み)
  • 税務・経営
    実務にすぐ役立つ 改正債権法・相続法コン
    3,190円(税込み)

売れ筋書籍ランキング